fbpx

せどり・転売

せどりとは?

投稿日:

せどりの意味

wikipediaには以下のように書かれています。

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

過去には、店を持たずに各地を回り、自分の知識と目利きを頼りに仕入れた商品を同業者に販売したり、注文を受けた本を探し出して手数料を受け取ったりする「せどり屋」という商売があった。

現在では新古書店等で安く売っている商品や古紙回収で集めた書籍を、主にインターネットを利用して販売する事を「背取り(せどり)」と言い、せどりをしている個人や業者を「せどらー」などと呼ぶ。リサイクル業務の一つに分類できる。本の背(背表紙、タイトル)で仕入れを判断することからこの字が当てられる。

現在では、買取ルートによって、店舗せどり、電脳せどり、中国輸入せどりなどの言葉がよく使われています。

せどりの特徴

シンプル

せどりのメリットは、安いものを買ってきて、それを転売するだけなので、他の商売に比べて技術が不要なことが大きなメリットと言えるでしょう。とてもシンプルなので、1点に集中して学べ、技術向上とそれが結果に反映されるまでの時間が短いです。

顔出ししない

例えばコーチやコンサルは自分が商品ですから、自分を売り込む必要があります。しかし、当初は実績も少なく、自信が持てなくて、なかなか売り込むことが出来ないものです。一方、せどりは顔出ししないで商売が出来るので、精神的なブロックが入りにくく、行動が止まりにくいのも大きなメリットです。

資金が必要

コーチ、コンサルや、アフィリエイトのように先行投資が少ないビジネスに比べ、仕入れに資金が必要です。利益を上げようと考えれば、当然高額なものをたくさん仕入れる必要がありますので、それだけ資金も必要になります。

ものが溢れる

次に、部屋がもので溢れるという点はあげられます。扱うもののサイズにもよりますが、仕入れてから出品するまで部屋に保管されますので、それなりの場所を取ることになります。また、梱包のための段ボールやプチプチのロールの置き場所、梱包作業のための場所などが必要です。

ライバルが多い

最後に、ライバルが多いということです。かつて高利益な商品がたくさん仕入れられたのが、いまではライバルが増え、直ぐに買われてしまうため、かつてほどの利益は得にくくなっています。

せどりが向いている人

せどりは、出品や出荷作業といった単調作業が大量に発生し、利益が出る商品を探し出すリサーチ作業は長時間に及ぶため、根気が必要です。従って、単調作業を効率良く勧めることに楽しさを感じる人に向いています。

また、そのような単調作業は外注化が可能なので、人を使うことが上手な人も向いています。実際に、せどりで大きく事業を伸ばしている人は、大量の人を雇っています。

メルカリが仕入れ場所?

せどりの成否はいかに安くていいものを大量に手に入れることが出来るにかかっています。そして、そんな場所の筆頭はメルカリです。メルカリは、誰でも簡単に参加できるフリマアプリで、実に多くの人が参加していますので、出品慣れしていない素人もたくさんいて、「値付けが甘い」ため、時々利益が取れる出品が出回ります。つまり、誰よりも早くそんな商品を見つけ出し、出来るだけ安くディスカウントを要求し、素早く買い取る。まさに競争です。

どこで売るのか?

売る場所の選定は簡単です。最も高く売れる場所で売ればいいのです。その筆頭がアマゾンです。アマゾンはメルカリやヤフオクなどのオークションあるいはフリマサイトとは異なり、楽天と同じように、店舗の集まりです。しかも便利な口コミで商品が評価出来、しかも送料無料で即日配送してももらえるなどの利便性がありますから、中古品としては他よりも少しくらい価格が高くても購入者は納得して購入してしまいます。アマゾンというサイトがちゃんとしているので、そこに出品されているものもちゃんとしている印象を受けるのです。

また、アマゾンは、たった1品から出品できるところがせどらーに注目されています。

アマゾンを選択する理由のひとつ FBA

せどりで重要なのは、単調作業は外注するという考え方です。特に、出荷作業は、タイムリミットがあるため、これが外注できるととても楽になります。そこで登場するのがアマゾンのFBAという制度です。これは、アマゾンが所有するFBAの倉庫に納品して、落札から出荷までをすべてアマゾンに委託できる制度です。Primeで即日出荷できるようになります。

利益が出る商品はどうやって探すのか?

最も高く売れる場所がアマゾンということであれば、アマゾンでいくらで売れそうなのかがわかれば、そこから逆算して、十分に利益が確保できる価格のものを仕入れればいいことになります。そこで登場するのが、モノレートというサイトです。

モノレートとは

モノレートは、過去のアマゾンの出品状況とランキング情報を経時的に取得し、データベース化したサイトです。このモノレートはとても優れていて、いつものが売れたのかがわかるようになっています。つまり、出品数だけが減ったのなら単に出品を取り下げたということですが、出品物が減りランキングが動けば、売れたということがわかります。ランキングは、1つ売れた瞬間にシグナルのように瞬時にランキングが上がるからです。ある期間内のシグナルの数を数えれば、その期間に何個売れたのかがわかるのです。逆に言えば、長いことシグナルに変化が無い商品は売れていない商品、すなわち仕入れてはいけない商品だということです。よく、モノレートを制するものはせどりを制する。という言い方をします。モノレートのデータを正確に読み取ることさえ出来れば、せどりでは失敗が大幅に少なくなるのです。モノレートの使い方はネットで無料情報がたくさん出回っていますし、YouTube動画もわかりやすくて便利です。

せどりはどこで学べばいいのか?

ネット上には、せどりに関する無料情報がたくさん出回っています。その中でも、アマゾンのFBAへの納品の仕方はルールが多く、かなり面倒くさいので、ネット上の情報が役に立ちます。

さて、実はせどりで最も大事なのは、リサーチです。リサーチにこそノウハウがあると言っても過言ではありません。しかし、リサーチ方法をバラすということは、とりもなおさず自分の領域にライバルを呼び込むことに等しいため、なかなかリサーチの無料情報は出回りません。そんな機密情報を開示してもらうには、師弟関係を結び指導料を払って教えてもらう必要があります。主にどんな領域を選んで、どんなキーワードで検索すればいいのかとうノウハウを教えてもらうことになりまsぐあ、やり方は本当に様々です。

せどりに古物商免許は必要か?

古物を買い取って修理等して売る際には、原則古物商が必要ですが、自分の物を売る行為については不要とされています。つまり、これを拡大解釈すると、自分が使う予定で購入し、不要になったので売ったと言えば、免許が無くても売れることになります。ただし、それがあまりにも大量にあると、自分のために買ったという説明が苦しくなってきます。従って、せどらーとしてしっかりと儲けるのであれば、古物商は必要と考えるべきでしょう。

副業でも確定申告が必要になるのか?

給与所得者にとって、確定申告はあまりなじみがないかも知れませんが、副業は、つまり事業であり、事業所得が年間20万円以上あれば確定申告が必要になります。所得計算には、経費が認められますので、アマゾンでの売上げから様々なものが引くことが出来ます。列挙すると、仕入れた商品の購入代金、事業に関係する交通費、発送のための梱包費用、アマゾン等に支払う販売手数料、倉庫利用料など。ここで重要なのは、逆に赤字の場合であれば、むしろ積極的に申告した方がいいとうことです。なぜなら、給与所得にかかる税金が、その赤字の分対象額が減額されるからです。高額なコンサル費用を払って、まだ利益などが該当するでしょう。

せどりは本当に儲かるのか?

誰もが気になるところだと思います。

結論から言えば、ライバルが多いため、簡単に儲かる訳ではないというのが実情です。まず無料情報だけでは上手くいきません。どこに集中すればいいのかがわからなくなるからです。結果を出している先生に教えを請う場合でも、その技術を身につけるにはそれなりの根気が必要です。時間が確保できるかという問題もあります。時間のかかるリサーチ作業を効率化するには、PCを使いこなす技術も差になって表れます。

世の中には多くのせどりの先生がいますが、どんなに教えが良くても、多くの人はちょっとしたことで疑心暗鬼に陥ったりして行動が止まってしまいます。実際に結果が出せるのは、そんな課題を次々に乗り越えていく人で、その割合は、ほんの数10%程度です。

粗利は・・・

電脳せどりでも店舗せどりでも、利益率は当初10%程度、技術が付いてくると20%以上に上がるようなイメージです。脱サラするには月収で例えば40万円確保しようとしたら、売上げ200万円。およそ仕入れや経費で150万円の投資、売れた時にかかる手数料が10万円でというイメージです。今手元にお金がない人にとっては、動かせるお金を徐々に増やすプロセスが必要です。勿論、生活費として使ってしまっては、元手が増えませんので、独立出来る時期はそれだけ先に伸びてしまいます。

せどりよりもいいビジネスは他に無いのか?

ビジネスにとって大事なのは難易度です。誰もがいまからプロテニスプレーヤーになれる訳では無く、誰もが経営コンサルタントになれるわけではありません。コーチングスクールに通えば、だれでもコーチにはなれ、資格の学校に通えばたくさんの資格が取れます。しかし、どんな資格があろうとも、集客やクロージングを学び、それが結果を出すまでには時間が必要ですので、独立して生活できるレベルに達するには多大な時間がかかります。

そのような観点で言えば、今回ご紹介したせどりは難易度が低く、比較的成功しやすい商売と言えるでしょう。そのせどりの中でも様々な手法がありますが、私が教える「超粗利物販」は、電脳せどりでも店舗せどりでも、中国輸入せどりでもなく、意外なところに着目したせどりです。しかも、平均粗利(利益率)が60%を超える究極のせどりと言えます。さすがにこれだけ粗利が高いと、元手を増やすのも容易で、直ぐに生活費レベルは簡単に確保できるので、独立しやすくなります。
本業をやりながら、週末起業で事業を育てることも可能で、およそ6ヶ月あれば、会社を辞めて独立起業できるでしょう。

そんなビジネスの手法は、オンライン講座で学べますので、興味のある方は以下のバナーから登録してみて下さい。

-せどり・転売

Copyright© |起業家支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.