fbpx

マーケティングツール

アクセスの継承(リダイレクト)

投稿日:

旧ドメインの記事がSEOトップに(>_<)

久しぶりにGoogleで「個人事業主コミュニティ」で検索してみたら、なんと1位は私の記事でした。ところが困ったことに、その記事、移転前の旧ドメインの記事でした。

もうメンテナンスしていないドメインなので、これはもったいない!

ということで、新しいドメインに引き継ぐことにしました!

Google検索結果では、この旧ドメインの記事へリンクされています。 https://hpleader.biz/2018/06/21/jinmyaku/

これを、新しいドメイン entrecomm.org に、記事を新規投稿し、転送させます。

新しい記事を投稿します

まず、転送先の記事が必要です。

Google検索で出てきたタイトルと違ったらダメなので、全く同じタイトルで記事を書きます。内容ですが、以前書いた記事のままでもいいのですが、今読み返すと内容が薄かったので(>_<)、折角なので内容を刷新しました。

リダイレクトする

リンクの転送はリダイレクトという機能を使います。

具体的な作業:

1)転送元と転送先の記事のリンクを準備します。

この事例では、https://hpleader.biz/2018/06/21/jinmyaku/ を https://entrecomm.org/article/marketing/647/ に転送します。

2)FTPソフト(FileZilla)を入手して設定する

私はマックユーザーで、以前は有名なCyberduckを使っていましたが、大量なファイルのやり取りをしたらスピードが遅くて使い物にならなかったため、FileZillaに乗り換えました。特徴は転送スピードが速く、マック版、ウィンドウズ版両方あります。

app StoreではFileZilla Pro版しか出てこないので、直接ウェブからダウンロードします。

まず、こちらのサイトをクリックして下さい。

https://filezilla-project.org/

中央にある黒いボタンの左側、「Download FileZilla Client」を選択します。

すると、使用しているOSを自動判別して、もっともふさわしいバージョンのダウンロードボタンが出てきます。私の場合はマックOS X版です。

緑色のボタンを押します。

マニュアル付きは有料です。使い方は簡単で、日本語の使い方はネットでたくさん出回っているので、不要でしょう。一番左側の緑のボタン Download を押します。すると、ダウンロードフォルダーに以下のようなインストーラーが保存されますので、インストールして下さい。

FileZilla_3.44.2.1_macosx-x86_sponsored-setup.dmg

立ち上がったら、まず日本語化します。下図のように、FileZillaのプルダウンメニューから設定(setting)を選んで下さい。

すると、下図のような設定画面が現れ、左側で「言語(language)」を選択肢、Japaneseを選び、OKを押して下さい。

これで日本語化は完了です。

ドメインにアクセスする

レンタルサーバーの管理画面にアクセスして、予め各種情報を集めておく。

ホスト、ユーザー、パスワード

FileZillaのサイトマネージャーを立ち上げる

ファイルのプルダウンメニューから、サイトマネージャーを選択。

以下の画面で、新しいサイト をクリック

必要事項を入力して接続を押す。

なお、以下の設定は、レンタルサーバーのヘルプを見て、各種設定を行って下さい。

私と同じXserverであれば、暗号化やログオンタイプなどの設定は同じで問題ないです。

FTPサーバーに接続する

上手く繋がれば、以下のような表示になる。

今回はリモートファイルを直接書き換えるので、リモートの該当するドメインをクリック。

今回は hpleader.biz

ワードプレスであれば、次に、そのディレクトリーの中の public_html を選択します。

上記のように、このサブディレクトリーの中に「.htaccess」ファイルがあるので、これを右クリックしてテキストエディターを立ち上げる。

エディターで.htaccessを編集する

今回書き加えたのは赤くした部分。

文法としては、

RewriteRule ^(リンクからドメイン部分を抜いた、それ以降のリンク)$ (転送先のリンク)[R=301,1]

この事例では、https://hpleader.biz/2018/06/21/jinmyaku/ を https://entrecomm.org/article/marketing/647/ に転送しています。

以上を保存して、アップロードすれば、作業は完了です。

検証してみよう

Google検索で、旧ドメインの記事をクリックすると、その記事を求めて一旦、旧ドメインに飛んで来るが、.htaccessに書かれているリダイレクトに従って、新しい記事に転送されます。

しばらくは旧ドメインからの転送が行われますが、やがて当該記事は新ドメインに移転したことをGoogleも認識し、評価も移転され、転送先が直接、新ドメインに書き換わります。

ということで、SEOの継承方法について触れましたが、折角なので、検索トップに君臨している「個人事業主・フリーランスの正しい人脈の増やし方 - 起業家支援」という記事、新たに刷新して書き直しましたので、是非読んで欲しいです!

リンク先は・・・是非、Googleで「個人事業主コミュニティ」で検索してみて下さい!

 

-マーケティングツール
-, , , ,

Copyright© |起業家支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.