fbpx

マインド・マネジメント

潜在意識に脳科学で立ち向かうシリーズ1

更新日:

潜在意識の力は強大

人は新しいことを始める時、潜在意識が邪魔をします。三日坊主の正体です。自分は意志の力が弱いから・・・と思ったことありますよね?でも、実は、それが普通なんです。それほど潜在意識の力は強力なのです。

何か新しいことをしよう!と思う意識のことを顕在意識と言います。潜在意識と顕在意識は氷山に例えられることが多く、ちょこっと水面に出ている部分が顕在意識で、水面下にある遙かに大きな塊が潜在意識です。この、顕在意識、潜在意識という概念は、フロイトやその弟子のユングが提唱したものです。比率で言えば、意識全体を100とすると顕在意識の割合はたったの4%程度。しかもその後の研究ではさらに比率は小さくなり、1%とも、0.1%とも言われているのです。では、この数字は一体どんな意味を持つのでしょうか?

新しいことをするときは、潜在意識と顕在意識の戦い

人が「新しいことをしよう!」と考える主体は顕在意識です。顕在意識に対して潜在意識は遙かに強大ですから、たったひとりぽっちで敵に立ち向かう感覚です。あなたがこれから何か新しいことに挑戦しようとすると、潜在意識は決まって強大な防衛本能を働かせて、あなたを辞めさせようとしてきます。その数、たった一人のあなたに対して、24人の集団。0.1%が正しければ999人の大群です。叶うわけがないのです。例えばこんな経験はないでしょうか?あなたは「ダイエットするぞ!」と決めたとします。ところがそんなあなた(顕在意識)を潜在意識が取り囲み、口々に
「そんなの無理だよ。」
「やめようよ。」
「食べられないのはつらいよ。」
「甘いもの食べたいよー。」
「お腹すいたよー。」
「ちょっとぐらいは食べてもいいんじゃない」
といった悪魔のささやきを言ってくるのです。仲間はいません。多勢に無勢とはこのこと。ですから、自分は意識が弱いなぁと卑下する必要はありません。数が違いすぎます。負けて当然なのです。

では、潜在意識に打ち勝つことはできるのか?

顕在意識が潜在意識に負ける理由は、その圧倒的な数の差です。では、どうしたら潜在意識に打ち勝つことが出来るのでしょうか?最近、流行の脳科学という分野があります。これまで謎とされてきた脳内の働きがどんどんと解明され、行動をコントロール出来るようになって来ました。では、多勢に無勢の強大な潜在意識に対して脳科学的なアプローチを駆使すれば、打ち勝つことができるのではないか?これが、私がこの記事を書こうと思った動機です。そして、調べれば調べるほど、どんどん面白いことが分かってきました。この一連の記事では、これから、たった一人ぼっちの顕在意識が、999人の潜在意識と戦いながら、新しいことにチャレンジし成功をつかむ方法について解き明かしていきます。題して、
「潜在意識に脳科学で立ち向かうシリーズ」
次回はまず、そもそも潜在意識とは何なのか?その正体について考察していきます。

にほんブログ村 潜在意識部門ランキング
にほんブログ村 潜在意識部門ランキングはこちら

-マインド・マネジメント
-, , , , ,

Copyright© |起業家支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.