fbpx

マインド・マネジメント

潜在意識に脳科学で立ち向かうシリーズ5

更新日:

エピソード記憶とは何か?

前回の記事は、新たなチャレンジに対して、それはいい意味なのかあるいは悪い意味なのか、どちらの意味付けができるのかが大事だという話でした。その中でも人生最大のチャレンジは起業だという話でした。
前回の記事はこちら
そして、今回掘り下げて行くのは、長期記憶の3つ目である『エピソード記憶』です。エピソード記憶とは、個人が経験した出来事に関する記憶であり、例えば、昨日の夕食をどこで誰と何を食べた1年前の今日、何をしていたか、というようなエピソードの記憶です。エピソード記憶は、経験した出来事そのものと、そのときの付随情報が同時に記憶されます。付随情報とは
・時間
・空間的文脈
・そのときの自己の身体的状態
・そのときの自己の心理的状態
などです。特別な日だったり、旅行中のだったり、風邪で辛かったり、とても楽しかったときとか・・・。強烈な何かがあると、記憶に残りやすいのです。強烈に楽しかったポジディブな想い出は、また同じ経験をしたいという強いエネルギーになり、その人の人生を変えるかも知れません。
一方、強烈にいやな思いをしたネガティブな想い出はそれは、もう二度と同じことを繰り返したくないという否定的な記憶として残るでしょう。

エピソード記憶のネガティブな側面

どうしても身につけたいスキルがあったとします。上手くいくことを想定して始めたのに予想に反して難しく、上手くいかないことが続いたとします。何度練習しても全然上手くならなかったり、いつまでも下手な状況を周りから笑われたり、あるいは努力が足りないと周りから叱られたりすると、負の感情が芽生えます。そして練習を繰り返す度に、その練習自体が、ネガティブな行為として記憶されていくのです。つまり、負のエピソード記憶として強烈に長期記憶化し、やがて心が折れて二度とやりたくなくなるのです。これがエピソード記憶のネガティブな側面です。

エピソード記憶を味方に付けるには。

はじめての経験は往々にして上手くいきませんから、いやな記憶として記憶に残りがちです。では、負のエピソード記憶にしないためにはどうすればいいのでしょうか?実は、答えはとても簡単です。失敗せずに、成功すればいいだけです。成功か失敗かは、実はその人の主観です。一般には、失敗が続けば心は折れますが、失敗を失敗と考えずに、あくまでも成功までのプロセスだと考えることもできるのです。また、一度に多くを求めず、一歩一歩小さな前進を喜ぶことも有効です。小さな成功体験が積み上がることで、ポジティブなエピソード記憶が形成されていくからです。これらの考え方は、世の中で大きく成功している人に共通する考え方なのです。

ポジティブなエピソード記憶を育てるための方策

初めての事柄にチャレンジするときは、どんなに失敗を失敗と捉えない努力をしても、そして小さなステップを意識して努力したとしても、重要なコツを知らないばかりに、何をやっても上手くいかないことはあり得ます。すると、ネガティブなエピソード記憶が発動してしまいます。ここで足りないのは、経験者の手引きなのです。学習塾でも、様々な習い事でも、先生は必要でした。人生の大半を占める仕事においても、実は先生が必要なのです。指導者を得ることは、失敗しないようなコツが学べるだけではなくて、たとえ失敗してもどこが悪いのか的確に指摘してもらえ、また、精神的にも励ましてもらえますので、やがて成功する確率が格段に増えます。

素直にヒトの助けを借りる。

最短で成功するには、それが最も重要な要素であると考えられます。

ポジティブなエピソード記憶は仲間が信じさせてくれる。

起業など難しい技術を習得する上で指導者の存在と並んで重要なのは周りに『成功してる人』がどれだけいるかということです。その存在が身近な人であればあるほど効果的です。なぜなら「彼が出来たのなら、自分だって!」という気持ちになり、勇気やエネルギーが出るからです。指導者がいて仲間がいる。そんな環境が手に入ったら、きっとたくさんの成功体験を重ね、やがて、自分はなんでも成し遂げられるぞ!という長期記憶が形成されることになるでしょう。そしてその記憶は、まさしくあたなの潜在意識そのものになっていくのです。ここまでくれば、潜在意識は邪魔をする存在から応援する存在に生まれ変わっていることでしょう。一歩ずつの成功体験、そしてそれを支える指導者や仲間がいる環境。これが、潜在意識に対抗する秘訣なのです。

最後に

「潜在意識に脳科学で立ち向かうシリーズ」如何だったでしょうか?

全体をまとめると

1)得たい未来を先取りしてドパミンをドバドバだすことで、潜在意識に打ち勝つ。
2)絶望から逃れ、自分の人生を自分で切り開く人生を歩むことで、潜在意識に打ち勝つ。
3)小さな成功体験の積み重ねで、自分は何でも成し遂げられるという潜在意識に書き換える。

という内容でした。

起業を志す人達にとって、実は最も大事なのが、儲ける技術よりも、潜在意識に立ち向かう経営マインドです。このマインドが手に入ったとき、あなたの潜在意識は999人の邪魔をする存在から、999人の大応援団に生まれ変わっていることでしょう。あなたの人生の成功を心からお祈りしています。

(執筆:ショウジタカヒロ)

にほんブログ村 潜在意識部門ランキング
にほんブログ村 潜在意識部門ランキングはこちら

-マインド・マネジメント
-, , , , ,

Copyright© |起業家支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.